種類による給与形態の違い

警備員

警備員は名前が示すように人や建物の安全を守ることを業務にしていて、守る対象によって種類が明確に区分されています。ビルや工場などの建物に常駐するものもあれば、道路の使用が工事などで制限される時に交通維持を行ったり、貴金属や現金などを運搬する業務もあります。海外ではボディガードのような要人警護もありますが、日本ではこの業務し行われていません。道路の交通誘導では正社員以外の雇用で働いている人も多くいますが、警備員は高い信用性が求められるので正社員での雇用や契約社員で働く人が多くなっています。給与は正社員では一般企業と差異がほとんどありませんが、会社の規模や警備する場所、深夜勤務の有無で違いが生じています。また、他の職種と同じで、正社員以外の雇用形態では給与は少し低くなっています。

実際に働いている人の感想

警備員

警備員で働いている人は年齢の高い人が多くなっていますが、これは肉体的な負荷が少なくなっていることが理由です。道路の交通誘導や商業施設などの警備員は立ち続けたり歩く時間が長い場合もありますが、施設警備では座って行うことも多くなっているので負担がかかりにくくなっています。この肉体的な疲労度の低さは正社員以外でも同じ業務内容なので体力に不安を抱えている人には好評であり、仕事時間もほとんどが決まった時間のシフト勤務で残業は少ないという点から、家族のいる人には予定が計画しやすいということで評価が高くなっています。

業務内容における雇用形態の違い

警備員

警備員で正社員で雇用されるのは会社の方針や規模が大きな理由になっていますが、他には業務を委託しているクライアントからの要望や、高い安全性を保つ警備である場合には正社員雇用を行っています。警備員には必ずクライアントがいて、仕事内容から建設会社やビルのオーナー、民間会社や公共団体などが主な依頼主になっています。このように依頼主の種類に違いがあり、守る対象もわかれているので正社員を求められることもあれば必要ないというケースもあります。

雇用形態の違いによるメリット

警備員

警備員は正社員と契約社員やアルバイトなどに雇用形態がわかれていて、正社員雇用されている場合は責任者なっている場合が多くなっていますが、経験年数や持っている資格で正社員になることもあります。警備員には法律で定められた資格が制定されていて、これが施設や雑踏などの交通誘導、貴重品の輸送などで区分されています。この資格は経験年数が必要になり、誰でもすぐに取得できる仕組みにはなっていません。業務を委託するクライアントから資格者を求められれば所持している人で対応しなければならず、そこで責任者になると正社員になる可能性が高くなりますが、最終的には警備会社の判断に委ねられています。

広告募集中